« 2010年度 首都圏スペシャルパスポート | トップページ | パフォーマーズドリーム、2010春はママさんブラス »

2010年3月12日 (金)

プリンセスと魔法のキス(ネタバレver.)

姫蛙観て来たよ!その2は完全ネタバレ版で。

ネタバレないのはこっちです。

少しでも観たい気がある方は是非見てください。めちゃくちゃ良かった。

dangerこの先ネタバレdanger

この先、映画を観た人向けの前提で、ほとんど自分用メモな感じで、ストーリーやキャラの説明は一切無しでいくので、観ていない方にはネタバレになるのに、何言っているかわからない、最低の状況となりますので、避けてください。

既に観た方は、姫蛙最高と言い続ける一人の感想として読んでいただければ。

では続きから。

とにかく2Dな時点で万歳三唱で、なおかつ期待レベルはものすごい高いところにあったのですが、それをあっさりと超えてきました。

土曜に観て、それからずっとサントラが頭を回ってる。

画や曲がいいのはもちろんのこと、ストーリーも最高。

プリンセスっぽくないのが大きいのと、ディズニー作品でここまで何が起こるかわからなくて、最後にきっちりまとまったのは相当久しぶり。

そもそもネタバレを避けていたので、英語版の最初の予告編しかみていなかったので、てっきりティアナは最初からプリンセスだと思ってた。

予告の出し方上手いな~

シャーロットも最後まで本当にいい子で驚き。悪役以外のこりは良い人というのも珍しいかも。でも不動産屋とかは敵サイドに入るのか。

そしてキスで蛙から元に戻るからくりも、シャーロットのキスがあっさり12時まわって、そこでは諦めるあたりも驚きだった。てっきり、もう一日パレードを行うから、またプリンセスになれる!ということになるのかと思っていたら。

最後の方なんか、このまま蛙で終わるの?と思ったくらい。

そして何よりの驚きがレイの死。

潰された時は、どれくらいの怪我にするんだろう、光らなくなるとかかな?と思っていたら、まさかの重症。

それでもどうせ治るんでしょ、と思ったらあっさりぽっくり。

いくらエヴァン・ジェリーンの隣に星が出てきたからって、第4位のキャラが死ぬというのは、本当に驚いた。

ここまで大事な人が死ぬのは、ライオンキングくらいじゃないかと。でもそれよりも大きすぎる死。

 

沼地のシーンはスプラッシュマウンテンを思い出すし、レイの葬儀辺りなんかカリブのブルーバイユーにいても違和感無い。

そして蒸気船はもちろんマークトウェインだし、Gonna Take You Thereはカンベアで演奏して欲しいと思う感じ。

とにかく、ランドの左半分まるごと姫蛙仕様にしていただいて構いません。

キャラクター一人ひとり言うとものすごく長くなりそうなので、今回は割愛で。

 

もう一度見に行きそうなので、その時はまた書きます。

とりあえず今回はこんなところで。いっぱい頭を巡るから上手くまとまらずすみません。

|

« 2010年度 首都圏スペシャルパスポート | トップページ | パフォーマーズドリーム、2010春はママさんブラス »

映画」カテゴリの記事

コメント

1920年代に超新星爆発でもあったかと調べてみましたが、残念ながら見つからず。
(まぁ、それを言うたら、ルイスの歌の中に出てくるルイ・アームストロングもメジャーデビューが1923年だし…)


あと、日本語吹替え版で、ローレンスが「ナヴィーン"陛下"」と呼ぶのが、かなり気になってたり。
DVD/BluRayなどでは、"殿下"に修正してもらいたいところ。

投稿: KoZ | 2010年3月25日 (木) 16:41

ニューオーリンズと場所はきちんと設定しておきながら、歴史上のものは大分無視をしていますが、そこはプリンセスものなんだからご愛嬌、なのでしょうかね。

プリンセスものだと予め言っておかないと、プリンス/プリンセスが分かりにくい印象。とにかくプリンセスっぽくない作品であることに間違いは無いわけで。

投稿: プーや | 2010年3月25日 (木) 18:52

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483262/33685971

この記事へのトラックバック一覧です: プリンセスと魔法のキス(ネタバレver.):

« 2010年度 首都圏スペシャルパスポート | トップページ | パフォーマーズドリーム、2010春はママさんブラス »