« Build Up OLC 2013・22 年3月期決算発表まとめ2 | トップページ | Disney 暦3 5/7 »

2010年5月 6日 (木)

2010年~ランド&シー暫定予想要素まとめ(2010/5ver)

3月版に続いて、OLC2013をうけてアップデート。

OLC2013,短期決算まとめはも。

新要素

  • フィルハー2011年1~3月オープン確定
  • トイマニ2012年4~12月オープン

フィルハーは以前の情報での予想通り。

トイマニはシー10周年直後の2012年4月が有力と思われます。

「東京ディズニーリゾートファン層の拡大」と「リピート力向上」をバランスよく行うことがマーケットの育成としてあげられています。

ファン層は周年イベント重視、ファミリー層の充実とバケパの活用。

ファミリー層は新アトラクションで顕著に。

バケパはシー10周年との連動も明記されており、FP,ショー鑑賞券を中心として販売する模様。

リピート力は、定番のクリスマスに加え、シーでも昨年から始まったハロウィーン、そして現在開催中のイースターも推していく構え。

海外ゲストは受身の姿勢のようなので、イベントなどへの影響はないでしょう。

 

直近では、

  • クールザヒートのミキミニ(ソケラ,サマガ)が変更、ミッキーはカントリー風
  • ナミナミナの強力配備、子供向けツアー充実、ランドのスティッチ推し
  • モ社リニューアルは結構改善。
  • ハングリーベア大拡張、かなり良い。
  • シーハロウィーンはミスマスではない可能性が浮上
  • ランドハロウィーンはフルチェンジ。キャッスルショーもありか。
  • ボンファイアーが今年ラス年という説が間違いである可能性が上昇
  • キャプテンEOの復活に伴うミクロの休止はクローズなのか一年後帰ってくるのか問題

があげられます。

特にシーの動向は気になる。

ミスマスのあの舞台装置を一年でやめるとは信じがたいですが、WFPでのハロウィーンクリスマスの連続ショーを考えると、そうせざるを得ないのかも。

ボンファイアーは来年もやるのか、今年は抽選なのかどうなのか。

現在のレギュラーショーを10周年にあわせて変えるのか。

そして、OLC計画とは違う層が狙えるキャプテンEOの復活。

発表直後に各地で話題になるほどのものですが、1ヵ月半のリハブでどこまで変えられるのか、そもそもミクロは帰ってくるのか、帰ってこないとしたら何が来るのか。

という問題になっています。それとグーフィーの考える新しい遊び。

その辺りがランドの新要素になっていきそうです。

 

これからシー10周年に向けて一気に各地の情報が入ってきそうです。

|

« Build Up OLC 2013・22 年3月期決算発表まとめ2 | トップページ | Disney 暦3 5/7 »

TDS10th"Be Magical!"」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483262/34556519

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年~ランド&シー暫定予想要素まとめ(2010/5ver):

« Build Up OLC 2013・22 年3月期決算発表まとめ2 | トップページ | Disney 暦3 5/7 »