« プー新作、2011年7月15日米国公開 | トップページ | Disney 暦3 6/6 »

2010年6月 3日 (木)

プー2011新作第6報まとめ

第6報にしてようやく大きく進んできたくまのプーさん新作、製作発表から今日でちょうど一年、ここまで分かっている情報をまとめます。

 

New Winnie the Pooh Movie

題名未定

2011年7月15日本国公開(日本は未定 2012年春頃か)

監督:Stephen J. Anderson(ルイスと未来泥棒)、Don Hall(プリンセスと魔法のキス ストーリー)

プロデューサー:Clark Spencer(リロ&スティッチ,ボルト)、John Lasseter(WDASチーフ・クリエイティブ・オフィサー)

ボイスキャスト

 プー&ティガー:Jim Cummings

 ピグレット:Dee Bradly Baker

 オウル:Craig Ferguson (初)

 イーヨー:Peter Cullen

 ラビット:Tom Kenny (初)

  プーティガー、ラビット、オウルは確定(該当記事

アニメーター

指揮:Burny Mattinson (プー3作に携わる, オリビアちゃんの大冒険,ミッキーのクリスマスキャロル監督)

 プー,カンガ,ルー:Mark Henn (アリエル,ベル,ジャスミン,ムーラン,ティアナ)

 ティガー:Andreas Deja (トリトン王,ガストン,ジャファー,スカー,リロ,ママオーディエ)

 イーヨー:Tony Bancroft (ワン・バイ・ワン,クロンク,プンバァ,コグスワース)

 クリストファー・ロビン:Glen Keane (アリエル,野獣,アラジン,ポカホンタス,ターザン)

 ラビット、ゴーファー:Nik Ranieri (ルミエール,ミーコ,ハデス,)

 ピグレット:Anthony DeRosa、オウル:Sandro Cleuzo、ランピー:Will Finn

音楽:Robert Lopez、作詞Avenue Q (WDWアニマルキングダム ファインディング・ニモ:ザ・ミュージカルのコンビ)

 

プリンセスと魔法のキスに続く2Dハンドドローイングアニメーション復活2作目。

バニー・マティンソンに合わせ、オリビアちゃんの大冒険に関わった人が多めかも。

背景水彩画風。

 

ストーリーは原作から5つの話を持ってくる。

 Jim HillによるとWinnie-the-Pooh第6,8章は入るとのこと。

 →しかし8章の北極探検はピグレットムービーで既にアニメ化されているため疑問

今まで原作が元になって作られたのは、プーさんとはちみつ,プーさんと大あらし,プーさんとティガー,プーさんとイーヨーの一日,ピグレットムービーで、これで使われた話を除くと、原作でアニメ化されていないのは

クマのプーさん(3,)4,5章、プー横丁に建った家3,5章。

但し、この中でズオウとヒイタチ関連が出てこないのは2話のみ。

 

 

まとめると、2D復活2作目だけあってメンバーがものすごく豪華。

音楽のFinding Nemo the Musicalコンビも期待できます。

問題はストーリーに使える原作の話が足りない気がするのですが、プー3作で使われていない話は問題なしと見なしそうな気もします。

来年夏だと、ライバルになるのがハリー・ポッター最終章後編。

日本公開は翌年春?ハリーポッターはたしか本国と同時期のはずですから日本だとあたることはなさそう。冬公開でティンクと被ることもなさそうです。

いよいよあと13ヶ月!

|

« プー新作、2011年7月15日米国公開 | トップページ | Disney 暦3 6/6 »

Pooh fan」カテゴリの記事

映画「くまのプーさん」」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483262/35035651

この記事へのトラックバック一覧です: プー2011新作第6報まとめ:

« プー新作、2011年7月15日米国公開 | トップページ | Disney 暦3 6/6 »