« Disney 暦3 7/11 | トップページ | Disney 暦3 7/12 »

2010年7月11日 (日)

トイ・ストーリー3見てきた(ネタバレあり)

TS3観て来ました。

最高

というわけでいつも通りネタバレありで映画観た前提で感想を書きます。

まだ見てない方は飛ばすこと推奨。

続きからどうぞ。

まず予告のラプンツェル改めタングレッド改め「塔の上のラプンツェル」 邦題割といいかも。

短編「Day & Night」

典型的な2Dキャラの中がCGというもので、個人的にはやっぱり中のCGの人たち2Dにして欲しいと思ったり、2Dのほうが好きなんだと痛感。

話としては良いけど、ピクサー短編なら音声でなくメッセージを伝えて欲しかった。

だからあの伝え方はちょっと残念。

 

本編

最初の戦闘シーンは分かっていながらも驚いた。

スリンキーのバリアとかハム宇宙船とか

そしてボーやウィージーがいなくなったことに驚き。グリーンアミーメンも含めてこうも簡単に排除するとは。。。(軍曹はクレジットで伏線回収したけど)

今回もピザプラネットは見つけられず

DVDでゆっくり見直したいような作品でしたが、やはり3だけあって、1,2を見ていないとダメだなというシーン満載。

そしてラストはまさかの、、、というかトトロと一緒に過ごすのか!

トトロが出た瞬間は劇場内でも「トトロ・・・」という声がちらほら。

まさかアンディの元を離れるとは思わなかった。

アンディがおもちゃ一人ひとりを説明していくところは泣けました。

TS1から10年以上このシリーズと親しんできた人たちにはたまらないと思う。

姫蛙でも泣けると言ったけど、それとは違う。15年もの年月が成せる業。

相変わらずピクサーらしく笑い要素も多分にあり、クレジットでザーグが出てきたときは笑いましたが、やっぱりこれがピクサーらしい。

メッセージが伝わって、笑いと感動がある。これぞピクサー。ディズニーとはまた違う(姫蛙の時の逆)

 

そしてプー系の人として思ったのは、アンディとクリストファーロビンの二人の少年が自分のおもちゃと別れるときの姿。

プーの完全保存版も、このTS3も、どちらも完結と言われなくても誰もがもう続編はないと分かるような感動的なラスト。

プーは強引に続編を作りましたが、それはTS3のクレジット以降と同じで、違う持ち主(プーの場合は持ち主なし)での話であり、男の子と彼のおもちゃの物語はそこで完結しています。

アンディは自分のおもちゃを新しい遊び相手の元へ渡します。

おもちゃは自分の子ども時代の思い出。アンディは自分の思い出を次の子へと引き継ぎました。

一方クリストファーロビンはプーを100エーカーの森に残して、たとえ100歳になってもここで待っているように言います。

これはTS3で言う屋根裏部屋。

プーたちは他の子の元で遊ばれるのではなく、ロビンとの遊びを自分達だけで続けたのです。

おもちゃ(=子ども時代)とは必ず分かれなければならない、そこでの運命を二つの作品から見た気がします。

TS3を見て、プーにまで考えがいって、なんだかプーの新キャラに対して自分の中で答えが見つかりそうな気がしました。

 

話は随分それましたが、とにかくトイストーリーシリーズを締めくくるにふさわしい素晴らしい作品でした。

アンディが成長したら、という問題をこんなにすっきり見せてくれるとは。

最後のおもちゃ一人ひとりの紹介は本当に感動、素晴らしい作品でした。

|

« Disney 暦3 7/11 | トップページ | Disney 暦3 7/12 »

映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483262/35715718

この記事へのトラックバック一覧です: トイ・ストーリー3見てきた(ネタバレあり):

« Disney 暦3 7/11 | トップページ | Disney 暦3 7/12 »