« プー2011新作 第9報 日本公開は来秋!&一話判明 | トップページ | プーやのひとりごと 20 »

2010年10月10日 (日)

美女と野獣3D

初日ピアリで観てきました。

美女と野獣ですからわざわざ続きにしなくてもいいでしょう。

流石の一番大きいシアター。雨のためもあってか(?)かなり混んでた。みんな美女と野獣は既に当たり前のように見てるよって感じ。

 

予告

最近本当に変な3D多いな、これ3Dにする意味あるの?って。

そういやRealD初体験。ピアリのメガネは来月から有料(100円)になるそうです。

ディズニーからはトロンとラプンツェル(TS3の時と同じ)。あと20世紀フォックスのナルニアもあった。

 

本編

始まった瞬間から会場からは歓声。

本編はオリジナル版(Human Againとかが無いバージョン)。

そしてクレジットでは名前が流れるバックにキャラクターのスケッチが。これは3Dならでは。

最後の言葉もきちんと。

終わって電気がついた瞬間、会場各地で鼻をすする音が。会場内みんな泣きすぎ

 

3D

最初のところは最新式マルチプレーンカメラみたいに思った。

平面の絵が何枚も重なってる感じは拭えない。

Beauty and the BeastのダンスシーンはCG製作だけあって3Dにするとものすごい。

ただ、Be Our Guestなんかはそれに比べれば3Dの意味が少ない。

美女と野獣自体の持ってるものが大きすぎるから、3Dが大コケしない限り感動は保障されてるので、よっぽど3Dが肌に合わないか、オリジナルの美女と野獣が好きで好きでたまらない人を除けばオススメできるのではないかと。

3Dとしてもトイストーリー3より良かったと思います。さすがにヒックとドラゴンには劣りますが。

 

ただ、それは美女と野獣だからであって、他の作品にも3Dが良いかは微妙。

CGならいいかとは思うけど、クラシック作品やリトルマーメードはやめてほしい。

アラジンは3D化しそうだけど。

でも3DよりIMAXの方が見たいのが本音です。

|

« プー2011新作 第9報 日本公開は来秋!&一話判明 | トップページ | プーやのひとりごと 20 »

映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483262/37158581

この記事へのトラックバック一覧です: 美女と野獣3D:

« プー2011新作 第9報 日本公開は来秋!&一話判明 | トップページ | プーやのひとりごと 20 »