« Disney 暦3 10/2 | トップページ | Disney 暦3 10/3 »

2010年10月 2日 (土)

Winnie the Pooh プー原作英語で読む -12 第10章

CHAPTERⅩ

In which Christopher Robin Gives Pooh a Party, and We Say Good-bye

プーさんと大あらし終盤

 

クリストファーロビンが前章でのプーの活躍をたたえるパーティーを開きます。

ディズニー版では、ここでオウルの家問題が絡んでくるのですが、原作ではプー横丁での話です。

ここで、イーヨーは自分がパーティーの主役だと思い込んで話し始めます。

この辺りは原作とディズニーでイーヨーの性格設定が大きく異なります。

最終章なので話は単純に進み、プーが貰った鉛筆のHBやBBをHelping BearやBrave Bearと思い込むようなことくらいです。

そして、パーティーが終わった後、golden eveningが、このWinnie-the-Poohの中で最も有名で愛されているシーンになるのです。

 

"When you wake up in the morning, Pooh," said Piglet at last, "what's the first thing you say to yourself?"

"What's for breakfast?" said Pooh. "What do you say, Piglet?"

"I say, I wonder what's going to happen exciting today?" said Piglet.

Pooh nodded thoughtfully.

"It's the same thing," he said.

そしてここの挿絵が、作者A.A.ミルンが墓石に彫ってほしいというほどの絵なのです。

 

ここで、1冊目Winnie-the-Poohのストーリーは終わり。

最後に、クリストファー・ロビンと父との会話に戻り、クリストファーロビンがプーをbump. bump. bumpとしながら階段をのぼっていくのです。

 

これで10章にわたるWinnie-the-Poohはおしまい。

この2年後に続編The House at Pooh Corner(プー横丁に建った家)が出版され、プーの物語は幕を閉じるのです。

次回からは、そのThe House at Pooh Cornerを1章ずつ見ていき、あの最終章へと進んでいきます。

|

« Disney 暦3 10/2 | トップページ | Disney 暦3 10/3 »

Pooh fan」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483262/37042880

この記事へのトラックバック一覧です: Winnie the Pooh プー原作英語で読む -12 第10章:

« Disney 暦3 10/2 | トップページ | Disney 暦3 10/3 »