« Disney 暦3 12/1 | トップページ | Winnie the Pooh プー原作英語で読む -20 The House At Pooh Corner 第7章 »

2010年12月 1日 (水)

Winnie the Pooh プー原作英語で読む -19 The House At Pooh Corner 第6章

CHAPTER Ⅵ

In Which Pooh Invents a New Game and Eeyore Joins In

プーさんとイーヨーの一日

 

有名な「プー棒投げ」(Poohsticks)の話。

ディズニー版されていますが、ほとんど無名の短編「プーさんとイーヨーの一日」なので知られていません。

でもディズニー版は意外と忠実。

というよりかは、このお話の中でのティガーが割とディズニー版ティガーのキャラに似ています。

お話はプーがプー棒投げを発明するところから。

棒投げ遊びですが、プーがこの遊びを発見したのは松ぼっくりでした。

それが遊びやすい都合上棒になり、100エーカーの森で流行ります。

そしてイーヨー登場。このイーヨーもこの章では原作というよりディズニーっぽいキャラです。

そんなわけでティガーがはねた(bounced)か咳をした(coughed)のかで言い争いになります。途中ティガーが妥協してboffedという造語を作ったりもします。

解決法は、クリストファー・ロビンの登場。

ここでロビンはディズニー版のように事実を突き止めるのではなく、一緒にプー棒投げをしようという提案をし、話は解決します。

最後の"Everybody is really"(all right)というのも含めて、ディズニーとは違った、ミルンの平和主義らしさが見えます。

|

« Disney 暦3 12/1 | トップページ | Winnie the Pooh プー原作英語で読む -20 The House At Pooh Corner 第7章 »

Pooh fan」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483262/37883812

この記事へのトラックバック一覧です: Winnie the Pooh プー原作英語で読む -19 The House At Pooh Corner 第6章 :

« Disney 暦3 12/1 | トップページ | Winnie the Pooh プー原作英語で読む -20 The House At Pooh Corner 第7章 »