« 映画「くまのプーさん」 第19報 日本公開9月3日 | トップページ | 映画「くまのプーさん」 第20報 同時上映は"The Ballad of Nessie" »

2011年3月15日 (火)

映画「くまのプーさん」 第19報段階まとめ

プー2011新作 第17報段階まとめではアニメーターや声優といった製作者についてまとめましたが、今回はほぼ紹介文です。

「くまのプーさん」 Winnie the Pooh

2011年9月3日全国公開

○アニメーション

映画は3Dで公開というのが当たり前になっている中、プーは2D手描きアニメーションとして"原点回帰"を掲げて35年ぶりのプーディズニークラシックス作品としてスクリーンに帰ってきます。

そんな今作は第2黄金期をつくったアニメーター達が揃い、プー,クリストファー・ロビンは数々のプリンセスを生み出したマーク・ヘン、ラビットはジーニーのエリック・ゴーヅロバーグと豪華な面々(参考:第17報段階まとめ)。

背景もプーらしく水彩画タッチで描かれ、ウォルト制作作品の続編としてウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品にふさわしいものになっています。

このように、伝統にのっとったスタイルで描かれる今作ですが、その中で大きな変更が加えられている箇所があります。それがクリストファー・ロビン。何故そこを変えるのか、それはストーリーと関わってきます。

○ストーリー

「原作から5つの話を使用する」ディズニーでこんなに原作を重んじる作品はないでしょう。

A.A.ミルンが原作を発表したのは1926年。85年経った今でもこの話が使われます。

そんなストーリーを担当するのはバーニー・マティンソン。前作「完全保存版」に携わり、同じイギリスが舞台の「オリビアちゃんの大冒険」や「ミッキーのクリスマスキャロル」で監督を務めたベテランです。

実は未だに一体どの5つの話が使われるのか確実な情報が出ていないのですが、今作のストーリーで注目すべきポイントがあります。それが、今作が「完全保存版の続編」であること。ティガームービーの続編でもヘファランプムービーの続編でもありません。

つまり、完全保存版より後、「クリストファー・ロビンを探せ!」以降の作品を全て無視し、新しいストーリーを組立てていくのです。

その代表例がクリストファー・ロビン。さらにピグレットの家にも新しい設定が見られます。

今作では無視されますが、96年以降のディズニープー長編では友情や勇気、思いやる心といったことを伝えてきました。そして今回のテーマは「さがしもの」。

プーが、イーヨーが、森の仲間達がそれぞれ探しているもの、それは何なのか、それは見つかるのか。

ストーリーは複数の話が組み合わさる形になりますが、どの話も「さがしもの」を見つけるお話です。

○音楽

原作ではかなりの詩の名人で度々詩をよんでいたプーは、45年前アニメ化される際に歌をうたうことになりました。

その曲を担当したのが、イッツ・ア・スモールワールド,メリーポピンズのシャーマン兄弟。

そして今作で曲を担当するのはアベニューQでトニー賞を受賞し、WDWのファインディング・ニモ・ザ・ミュージカルの曲をつくったロバート・ロペス。

主題歌はシャーマン兄弟の「くまのプーさん」で、テラビシアにかける橋,銀河系ヒッチハイクガイド,(500)日のサマーのズーイー・デシャネルが歌います。

 

日本公開は9月3日(土)。このブログでは引き続き随時情報を流していきます

画像はSilly old Bear:tagged:new pooh movie 2011でまとめています。

|

« 映画「くまのプーさん」 第19報 日本公開9月3日 | トップページ | 映画「くまのプーさん」 第20報 同時上映は"The Ballad of Nessie" »

Pooh fan」カテゴリの記事

映画「くまのプーさん」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483262/39235809

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「くまのプーさん」 第19報段階まとめ:

« 映画「くまのプーさん」 第19報 日本公開9月3日 | トップページ | 映画「くまのプーさん」 第20報 同時上映は"The Ballad of Nessie" »