« くまのプーさん 100エーカーの森のクッキングBOOK 9/15発売 | トップページ | アッシュダンフォレストのPooh Cornerが売りに出される »

2011年6月21日 (火)

イボング第12話 メルクール歴48410年 重力の糸車

最終話を目前にしてついに進展が!

1話でも登場した夢の中の黒板。

1話では重力ってなかったと思う。

そして人類が国境を制圧。

逆に今まではウラノス国に人類はそこまで侵攻していなかったのか。

そして明かされる「チャーミング人類」、改めワーニング人類。

フランクリンもアルキメデスもナマコをはじめて食べた人も危険。

 

「重力の糸車」

ここにきてタイトルが話と関係している珍しいパターンですが、重力といえばりんごの話があります。

ドロッセルの公式設定によると、ドロッセルの重量はりんご179個分。

そして超合金ドロッセルの箱の言葉によると、1期最終話のあと、ドロッセルはお屋敷から落下して、これにより重力の法則が発見されたとのこと。

ニュートンですね。ニュートンもチャーミング人類なのかな、

糸車といわれれば、D的には眠れる森の美女を思い出します。

 

次回はいよいよ最終話。

1期とのつながりはどうなるのか、どこまで伏線を回収してどこから投げっぱなすのか。

タイトル「アイなき世界」というのも気になる。

1期が「夢の生まれる場所」で終わったのに対して非常に対照的。

きっと解決しないけど未知の問題:

メルクール「歴」の漢字変更

ドロゲデの型が違う

ユーリの秘密とは?

レジナルドとキャプテンレジナルドの関連

|

« くまのプーさん 100エーカーの森のクッキングBOOK 9/15発売 | トップページ | アッシュダンフォレストのPooh Cornerが売りに出される »

ファイアボール」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483262/40478290

この記事へのトラックバック一覧です: イボング第12話 メルクール歴48410年 重力の糸車:

« くまのプーさん 100エーカーの森のクッキングBOOK 9/15発売 | トップページ | アッシュダンフォレストのPooh Cornerが売りに出される »