« いなくなる前に ~ネタバレについて | トップページ | いなくなる前に ~シーのランド化、ランドの何化 »

2011年9月30日 (金)

いなくなる前に ~ブログとTwitterと遊園地板

Twitterが流行ってしばらく経ち、様々な方に色々な形で出会うことができました。

あちこちのD系ブログを巡回するようになった頃、当時主な活動場所であった(非匿名)掲示板に比べて中の人の存在を強く感じました。

しかしTwitterはブログよりもさらに中の人重視、その人を追いかけたいからフォローするといったイメージです。

一方で遊園地板に代表されるD系匿名掲示板は情報勝負。リークもガセも良い意味で無責任に出てきます。

Twitterと掲示板は流れというものが大きな要素ですが、ブログはそこがありません。

まさに中の人の個性がそのまま吐き出されると思います。たとえば最近パークに出てきたミッキーとかの着ぐるみフィギュア、あれが初登場したときの各ブログがあのグッズに付けた名称などは、流れのない各ブログそれぞれの個性が見えたように思います。

実際僕はTwitterでディズニーニュースを発信しています。しかしこのブログが自分の活動の本拠地であると考えています。

流れがなく、ネタバレを気にしたりもしない、字数も関係ない、そして何より後から検索して過去記事を探しやすい。これこそがブログ/サイトの揺らぐことない優位性だと思います。

 

遊園地板では、だいたい新要素、ちょくちょく現地報告、時間があれば他という見方をしています。

新要素はTwitterでもそれっぽいことが一応はできるのですが、問題は現地報告です。

これぞブログの弱点でありTwitter最強の点です。

とにかくパーク内で携帯触っていたくない。

以前は遊園地板現地報告スレがその頂上に立っていましたが、今やTwitterのインしている人たちを頑張って追えば、以前とは比べ物にならないほど多くの情報が得られます。

しかしそれは一人では到底できない途方もない作業ですし、現地報告だけが並んでいる画面を眺めながらパークの様子を創造するのも現地報告スレの醍醐味のひとつでした。

Twitterではそこに欠けます。そして何よりこの流れは後から読み返すことができません。

遊園地板では、調べようと思えばある特定の過去の日のパークがどうだったかさかのぼって調べることができます。しかしTwitterでは絶望的に難しいです。

未来に今の状況がどうだったかを残すことができない、これは恐ろしく大きな問題です。

今この時でも、25周年当時の状況を知ることのほうが昨夏の状況を知ることより簡単です。

これを打開するひとつの案としてはTwitterの掲示板化があります。

それぞれの話題ごとにtweetを集めるtogetter方式です。

昨年実験的に現地報告tweetをひたすら集めるtogetterをやってみました。印象としてはtogetterが使い難い、Tumblrくらい気軽にみんなが投稿できればそこそこできるのではないか、というところです。

このときに重視したのは、現地報告をする側に負担をかけないこと。

先程も書きましたが、パーク内で携帯使いたくない。だからこそ簡単にTwitterでつぶやいて、残りはパーク外でネット見てる人が人海戦術で現地報告tweetを拾い上げていく、これが理想形です。

まだまだ道は遠そうですが、とにかくこの情報が流れていく状態を早く打開しなければまずいと思います。

少し時間はかかっても一度ブログに戻ってしっかり書く、遊園地板で色々話す、それが今D系発信者に求められていることだと思います。

|

« いなくなる前に ~ネタバレについて | トップページ | いなくなる前に ~シーのランド化、ランドの何化 »

あんな話…」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483262/42074428

この記事へのトラックバック一覧です: いなくなる前に ~ブログとTwitterと遊園地板:

« いなくなる前に ~ネタバレについて | トップページ | いなくなる前に ~シーのランド化、ランドの何化 »