« 2011年度2パーク入園者数速報 | トップページ | "Tales of Friendship with Winnie the Pooh"進行役にロバート・ウェッブ »

2012年4月 3日 (火)

春イベント2012スタート感想

ランドは「ディズニー・イースターワンダーランド」、シーは「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」。

*ネタバレあり、さらにショーの説明は特にしないのでショー内容を知っている前提での話になります。

毎イベント初日あたりに動画を見て感想を書き、インしたらそこでも感想を書くということをしてきましたが、これからは実際に観てから感想を書くスタイルにします。

4/3にイースターとリド、4/5にアラビの感想を書きました。

 

ランド
ディズニー・イースターワンダーランド

内容的には去年と変わらず。

ショーモード以外は初年度と変わらず。

ショーモードは曲が初年度の方が好きなのでウサタマボン要らないから戻してほしいです。

しかしパレードとしてはウサタマボン含めてこれこそパレードの究極の形でしょう。

どこで見てもミッキーが2回以上登場し(しかも違う衣装)、キャラもダンサーも満足、十分高いフロートなので後方からも見え(しかもミッキーは毎回頂上に登場)、ゲスト参加も遠方からでも楽しめる、究極です。

ひとつ言うと、ウサタマボンのルールが意外とややこしいのに加えて出すタイミングも難しいので結局慣れてないと厳しいというのが問題だと思いました。

特に僕が観たところはパレードルート横断場所付近だったためウサギ男スピールの練習でお手本を見せてくれるキャスト人員が足りず、お手本が無い状態で、知ってるゲストが勝手にやってるのをほかのゲストがまねして覚えるという変な状況でした。

個人的には初年度を返せと言いますが、やっぱりすばらしいパレードです。

 

シー
リドアイル・ウェルカム・トゥ・スプリング

リド橋の外側からやや見える程度での観賞、あとで動画で補いました。

感想「曲はポルト、衣装はプリマ。ただし家でそれぞれの動画を見てるほうがいい。」

ミキミニの衣装が気に入らない件は他のショーを観てからにします。

グーフィーはゴンドリエ、チデはシーズンオブハート(一緒に観てた人にシーズンオブハートだねと言われてそんな気がすると思った程度の知識です)。

とにかくショー中はプリマとポルトをもう一度観たいということばかり考えてました。

恋人のくだりは、三馬鹿なら壮大なおせっかいに失敗して大混乱になるパターンなのでむしろそれを期待してました。

とんとん拍子に進みすぎてがっかりです。


スプリングタイム・サプライズ

庭園の入り口の階段の踊り場を新設した斬新なステージでの開催。

その場所をうまく生かしたというわけでもなく、ステージ後ろの階段からはショーキャストがちょこちょこ見えるのもどうかと思います。

しかし、そんなゆるさもシャバーンが登場するから許される、それがシャバーンの偉大さ。

シャバーンとアシームとジーニーのアラビショーにうっかりミッキーたちが紛れてしまったというショーに見えました。

フィナーレは春らしくてきれい。

しかしこれってシアターオーリンズなのでは?とも思いました。またシーのランド化と言えるかもしれません。

ステージが近い割にはなんか遠くで行われてる感があったのは残念ですが、面白いショーでした。主にシャバーンとアシームのおかげで。

 

イースター・イン・ニューヨーク

一番良かったです。

イースターはランドもそうですが、曲で強引にテンション上げてくる感じがいいです。

ダンスが難しすぎるのと、一人には厳しいペアダンス。。。

あとすごくのってきて盛り上がってるのに好きじゃないキャラクターが続々と登場するので、そこさえなければ素晴らしかったです。

|

« 2011年度2パーク入園者数速報 | トップページ | "Tales of Friendship with Winnie the Pooh"進行役にロバート・ウェッブ »

イースター」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483262/44742302

この記事へのトラックバック一覧です: 春イベント2012スタート感想:

« 2011年度2パーク入園者数速報 | トップページ | "Tales of Friendship with Winnie the Pooh"進行役にロバート・ウェッブ »