« シーから見える新名所 | トップページ | 2012年6月後半のディズニークリップ »

2012年6月26日 (火)

DCAリオープン

6/15にディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの大規模改修がようやく終了。
ブエナビスタ・ストリートとカーズランドがオープンしました。

ブエナビスタ
これから夢が始まるという気持ちにあふれた、入口テーマランドにふさわしいものだと思います。
中でも>Red Car News Boysは夢が溢れているコンセプトに合った素晴らしいショー。
ブエナビスタは技術が進歩してアニメサイズミッキーがこの地にやってきたらもう人生他に欲しがりません。

カーズランド
正直あまり期待していなかったのですが、実際できてみるとすごい。
最新のオーディオアニマトロニクスには驚かされっぱなしです。
Radiator Springs Racerはアニマトロニクス技術高すぎて、動画で見てるとCGにしか見えません。
ここまでのクオリティのものが作れるのなら、もう場所とお金さえあればディズニーは全ての映画をこの世界に創り出せそうですね。
本当にそのうちアニメサイズミッキーの自立二足歩行アニマトロニクスが完成しそうで未来が楽しみになりました。

World of Color "Glow with the Show"
WoCを観るゲストがミッキーイヤーハットを被ると、ショーに合わせてイヤーハットが光るというもの。
そもそもあれだけの大人数のゲストがみんなマウスハットを被ってるだけでハッピーな光景なのですが、点灯の同期技術も予想を超えていました。
文字通り色彩の世界を更に高いレベルで表現するためのアイテムになっていると思います。
最初はWoCよりファンタズミックとかのほうがイヤーハットに合ったショーだと思っていたのですが、実際の様子を観るとWoCに見事に合ったものだと思いました。

今後のディズニーが楽しみになるリニューアルでした。
次は香港のグリズリー・ガルチがめちゃくちゃ楽しみです。

|

« シーから見える新名所 | トップページ | 2012年6月後半のディズニークリップ »

海外パーク」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483262/45884762

この記事へのトラックバック一覧です: DCAリオープン:

« シーから見える新名所 | トップページ | 2012年6月後半のディズニークリップ »