« "Tales of Friendship with Winnie the Pooh"ドイツ版公開 | トップページ | 『ファインディング・ニモ』3D(11/21)、『ティンカー・ベルと輝く羽の秘密』(1/23)発売 »

2012年10月11日 (木)

劇団四季『美女と野獣』観た

Beautyandthebeast
劇団四季の美女と野獣を観てきました。
劇団四季 作品紹介(ステージガイド) 美女と野獣

やはり美女と野獣は歴史に残る名作でした。
物語としての素晴らしさは失わず、ミュージカルだからこそ見えるアニメとは違った側面を見せてくれたように思いました。
アニメ映画ではなくミュージカルになることによって、歌の分量が増え、複数人物の心情描写が可能になります。
そのおかげで、召使いの心情変化もたびたび描かれています。
時間とともに物に変わっていってしまう召使い。どうしても人間の大きさでしか演じることが出来ないミュージカルにはいい設定です。
このおかげでHuman Againの曲が映画版よりも遥かに映えています。
しかし、こちらでタイムリミットが迫っていることが非常に分かりやすく現れているため、薔薇のほうがやや目立たなくなってしまったかなという印象です。

召使いが目立ちすぎるのが映画版でHuman Againが削除された理由ですが、やはりミュージカル版では召使い大活躍。
Be Our Guestが最大のハイライトになっていますし、Beauty and the Beastがこれに比べて見劣りしているかと思います。
Be Our Guestは圧巻。
世界中の料理をイメージしたシーンに、観ていてこれをパークに持って行きたいと思いましたが、それってテーブル・イズ・ウェイティングですね。
演出はフィール・ザ・マジックを思い出しました。

ベルの心情変化は、ベル側の成長という面で新たに描かれていますが、映画版から元々ある父や自由への想いについては、映画版の知識が前提になっているように思いました。
それでもRepriesは見事。一気に舞台が広がる様子は分かってるなと感動しました。
しかし全体的には映画版での心情について説明不足な印象。

他にもストーリーが映画版知識を前提にしているように思いました。
説明不足のために、映画版を知らないとよく分からない部分が多数ありま
した。
ベルが逃げて狼に襲われるシーン、夜襲に対する召使いの反撃、ガストンに刺されてから奇跡が起こるまで、など説明不足のシーンは多々ありました。
特に最後の奇跡は重要なのに、観に来ていた中学生集団はそこのストーリーがさっぱり分かっていませんでした。

基本的に映画をしっかり観た上で観に来るのが正しいスタイルなのかなと思います。
強いぞガストンは映画版を分かった上で観るとミュージカルらしい演出になっていて良かったです。病院の人のシーンはそんなに時間かけない方が良かったように思いました。もっと説明しなくてはいけないことが他にありますし、このシーンは短いほうが怖いです。

アニメではできるけど舞台では出来ないことには、前述の召使いの姿や大きさが挙げられますが、もう一つが動物。
舞台版ではフィリップが登場しませんが上手いこと話をつなげています。
狼も立ち回りになっており、動物を自由に使えるのはアニメの大きな魅力の一つだと改めて思いました。

舞台版とアニメ版、それぞれがそれぞれの持つ魅力を出していると思います。
ただ、アニメ版の素晴らしさには敵いませんでしたし、舞台版自体がアニメ前提であると思いました。
なお、終始号泣していたことは言うまでもありません。

|

« "Tales of Friendship with Winnie the Pooh"ドイツ版公開 | トップページ | 『ファインディング・ニモ』3D(11/21)、『ティンカー・ベルと輝く羽の秘密』(1/23)発売 »

ディズニー リゾート外」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483262/47301250

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季『美女と野獣』観た:

« "Tales of Friendship with Winnie the Pooh"ドイツ版公開 | トップページ | 『ファインディング・ニモ』3D(11/21)、『ティンカー・ベルと輝く羽の秘密』(1/23)発売 »